★耐震等級1・2・3でどう違う?耐震の基礎★

家を建てたり、購入する際、必ず話題に上るのが「耐震性」「耐震化」です。

耐震化とは、地「震」に「耐」えるための住まいの性能であり、地震大国である日本においては

『50年に一度に来る』大地震への備えでもあるのです。

一般的な家づくりの条件では、地震に対する強さを重視される方が多いのですが、一方で、地震の際の強さが、建築にどう作用するかは、一般消費者に分かりにくかった状況が長く続きました。

その反省から、良質な住宅を安心して取得し居住できるよう、一目で分かる住宅性能の表示基準として示されたのが「耐震等級(倒壊等防止、損傷防止)」でした。

参考までに、住宅の耐震性能の指標には、大きく耐震基準と耐震等級が存在します。

建売住宅などの購入の際には耐震基準と耐震等級の違いを理解し、違法建築など耐震基準に適合していない建物を取得しないように気を付けなくてはなりません。

とりわけ大地震時の構造躯体の強度を示す「耐震等級」は、地震の被害に見舞われることが多い日本では、家を建てる際に、必要不可欠な評価基準と言えます。

言い換えれば「耐震等級」をより深く理解することが、安心・安全な家づくり・家選びのメリットに繋がるということです。

 

今回は、この「耐震等級」を中心に、耐震性の高い(=地震に強い)家のつくり方をご紹介します。

 

地震で倒壊しやすい家とは

 

ここ30年の間だけでも、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)、新潟県中越地震、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)、熊本地震、北海道胆振東部地震など、震度7を記録する地震に見舞われました。

私達は、ニュースや新聞から、倒壊した住宅を目の当たりにし、被災の現実を突きつけられるのです。

その被害を少しでも食い止め、来たるべき地震に備えるために、何を学ぶべきでしょう?

まずは住宅が倒壊するメカニズムについて解説します。

 

たとえば木造戸建ての場合、地震の大きな力が住宅に加わると、大きく変形します。すると、柱と梁や土台が組み合わさっている部分(「接合部」)が外れたり、壊れてしまって、倒壊に至るのです。工法別の強度では、鉄骨造、RC造が耐震性に高く。木造がそれに続いてきます。

ただし最近では、木造の耐震性も高くなっており、木造住宅の耐震性は鉄骨住宅の耐震性とそれほど変わらない水準にまでなってきています。

その背景には、2000年の建築基準法改定において、木造戸建ての耐震性が大幅に向上したことがあります。そのため、どの工法でも耐震性に不安を抱く必要はなくなってきています。

 

別の視点から、直下型の地震では、縦方向の揺れによって、柱が土台から抜けてしまったと考えられる事例もあります。

また、強度を高めるため、木造戸建てなら筋交いや構造用合板で強化した「耐力壁」をつくります。

この耐力壁が少ない、あるいは、壁の量は十分だけど配置のバランスが悪いと、柱や梁の変形が大きくなって柱や梁が破損しやすくなります。

現在の建築基準法では、耐力壁の量やバランスを考えて建物をつくることが義務化されています。

 

耐震等級とは

 

耐震等級とは、地震に対する建物の強さ(耐震性)を表す指標です。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいています。

耐震等級では、地震があった際に建物がどのくらい耐えられるのか、地震に強い建物かどうかなどを判断しています。

耐震等級は、建物の耐震性に応じて3つのランクに分けられています。

等級は数字が大きければ大きいほど耐震性が高いと評価され、1より2の方が耐震性に優れているとなります。

また、2より3の方が優れており、等級3が最高等級となります。

建物を建築する際には「建築基準法」が適用されますが、地震の耐震性を評価する際には「品確法」という法律が適用されます。

 

耐震等級1

「耐震等級1」は、等級の中でもっとも低いランクになります。建築基準法では、耐震基準が設けられています。

住宅などの建物を建てる際には、建築基準法で定められている耐震基準を満たさなければいけません。

耐震等級1は、建築基準法で定められている最低限の耐震性能を備えています。

耐震等級1は、震度6~7の地震にも1度は耐えられる耐震性です。ただし、即時倒壊や崩壊はしないものの、その後大規模な修繕や住み替えが必要になると想定されます。

 

耐震等級2

「耐震等級2」は、耐震等級1の1.25倍の耐震性を備えていると評価される建物です。

震度6~7の地震にも耐えられる耐震性があり、その後も一部の補修を行えば生活できる可能性が高いです。

耐震等級2に分類された建物は、長期優良住宅として認定されます。また、地震や台風といった災害時に避難場所となるような体育館や学校、地域住民の健康を守るために重要な病院などは、耐震等級2以上が求められています。

 

耐震等級3

「耐震等級3」は、耐震等級の中でも最高ランクに位置します。耐震等級1と比較した場合に1.5倍の耐震性があり、震度6~7の地震にも耐えられます。

また、その後も一部の軽微な修繕のみで暮らせると想定されており、高い耐震性を備えていることが特徴です。

警察署や消防署などは災害復興の重要な拠点となります。そのため、大きな地震が起こっても耐えられるように、官庁や公共建築物の構造体は、Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類という型で耐震等級3レベルを満たしているケースが多いです。

 

耐震等級3と耐震等級3相当の違い

耐震等級3相当とは、国土交通省に登録のある第三者機関による住宅性能評価を受けてはいないが、耐震等級3の耐震性がある設計・施工を行っているという表記です。ただし、表記には明確な規則や指針がありません。

そのため、耐震等級3の住宅性能評価を受けたい場合は、本当に耐震等級3が取得できる設計・施工なのか事前に確認しておきましょう。

 

耐震等級2,3の家を建てるには

 

耐震等級3の建物なら安心と考えられますが、それだけでは不十分です。一番重要なのはしっかりと「壁倍率」などの構造計算を行っているか否かです。

構造計算には種類があり、調べ方によって耐震性に差が生まれることを知っておくことが大事です。

ここが「しっかりとした」構造計算であるかどうかに関わってきます。

 

等級2以上、つまり耐震性の高い家をつくるには、次のような手段があります。

・壁を強化:筋交いを入れる、構造用合板や耐力面材を使用する

 ・床と屋根を強化:床に構造用合板を張る。軽い屋根材を使い、揺れにくくする

 ・柱と梁の接合部を強化:接合金物を取り付ける

 ・基礎を強化:ベタ基礎で、コンクリートを厚くする

 ・梁の強化:集成材など強度の高い材を使う。金物工法によって木材の加工を減らす

壁を増やしたりすれば、当然ながら間取り(プラン)に制限が出る可能性もあります。また、コストも上がっていきます。

 

耐震等級は家を建てる人が決める

 

法律上は等級1、すなわち建築基準法を守ればよく、等級2、3はあくまで任意の基準です。

年々、耐震等級3の割合は増えてきていますが、分譲住宅やマンションの場合、ハウスメーカーや工務店、デベロッパーが事前に耐震等級を決めてつくるのが一般的。

注文住宅では、メーカーや工務店が自社の基準や仕様を事前に定めていることもありますが、家を建てる方の希望に応じて設計してくれるケースもあります。

 

できれば、初めに建築士や営業の担当者に「耐震等級3で建ててほしい」などと、要望をきちんと伝えておくことが大切です。

間取り(プラン)ができてから耐震等級を上げようとすると、壁が増えて理想のプランが実現できなくなってしまう可能性もあります。

 

東日本大震災・熊本地震の教訓から、地震保険に加入する人も増えています。

ただし保険に加入していても安心できないのが現実で、大震災の後も住み続けられる「強い家」とするには、耐震等級1では不十分です。

地震で家が半壊したり大破した後、軽い補修で住み続けられる家と、倒壊は免れたが、半壊・大破し建て直さなければならない家とでは、住人からするとその後の人生・費用に雲泥の差があります。

 

最近では震度6強以上の地震が100年に1回どころか10年に1回の頻度で発生しています。つまり、震度6強以上の地震における建物被害まで防ごうとは考えていない建築基準法の最低性能では、「安心安全な人生を守るには足りない」と考えるべきでしょう。

naruichiでも耐震等級2~3を確保できるよう、設計段階から耐震性の確保に重点を置くのはこうしたリスクを正面から向き合うためです。

 

今後30年の間に、日本が大地震に見舞われる可能性はとても高く、地震が起こる場所は、人口密集地帯である首都圏・東海地方から四国・関西の南海トラフだとされています。

首都圏のどこかで約70%の確率で起きるとされる「首都直下地震」も、いつ起きるか予知はまったく不可能なのです。

 

最後に、現行の耐震基準についてまとめると、抑えておくべきポイントは4つあります。

 1. 建物は軽い方が耐震性がある

 2. 耐震の締である耐力壁の量は、多い方が耐震性がある

 3. 耐力壁や耐震金物は、バランスよく配置されていなければならない

 4. 床の耐震性能(水平構面)についてもしっかり検討する

 

耐震等級の知識を持つことは、自分が納得できる家づくりをする際に大切な要素です。

家族と毎日どう暮らし、どんな未来を思い描いているのかを、ご家族と一緒に是非じっくりと考えてみてください。

大切な家族と過ごす住まいだからこそ、その安全性は、重要な基準になるはずです。そして「地震」からもご家族の命を守り、「地震後」の生活を守るなら、耐震等級2や3の家づくりはさらには「制震」「免震」に対応した家づくりは、さらに大きな安心材料となるのではないでしょうか。