★配線計画を失敗しないコツ★

 

「配線計画」

なんだか難しいな…と感じる方も多いのではないでしょうか。

「実際生活してみなきゃわからない。」

というのが本音です。私もそう思います。

 

でも、後からコンセントやスイッチを追加するには大掛かりな工事になったり、その分費用も掛かってしまうのが現状です。

それを防ぐために私たちは細かな打ち合わせを行います。

コンセントの位置、スイッチの位置、コンセントの個数等々…

こんな細かなところまで!?とたまにびっくりされます。

 

家具の配置、家電の個数、掃除機が有線なのか、無線なのか、

Wi-Fiの位置、テレビのサイズ…

本当にいろいろなことを考えながら配線計画をしていきます。

 

先日SNSで、コンセントの個数は多い方が良いという記事を見かけました。

数が増えれば増えるほど初期費用は増えますが、多くて困ることはあまりありません。

しかし、付けたけど実際使わなかったということもあり得ます。

 

じゃあどうすれば?と思うかもしれませんが、1個1個解消していきます!

 

玄関周りのコンセント

 

まず始めに、玄関周りのコンセントです。

何に使うの?とお客様に聞かれることがありますが、

ここは主に掃除機だと思います。

有線の掃除機を使っている方はリビングからコンセントを引っ張ってくるのは距離的に限界があります(間取りにもよりますが…)

最近はルンバなどのロボット掃除機も普及しているため、充電用のコンセントが必要となります。

そのため掃除機を収納するクローゼット等にも必要かもしれません。

 

あとは、今の時期にクリスマスの電飾や、季節ものの飾りを置くのに電源が必要になりえることもあります。

その場合はコンセントを玄関収納の棚上に持ってきてあげることもできますし、ご職業上、工具だったりを充電しておく方もいらっしゃいます。

 

コンセント・スイッチがあまり表に見えてほしくない、という方もいらっしゃると思います。

玄関収納にできるだけ隠れるようにとか、見えないような位置を考えてお客様にはご提案しています。

これはコーディネーターによってもさまざまなので、配線計画の際はぜひご希望をお伝えくださいね。

 

ただ、使い勝手などを考えるとどうしても表に出てきてしまうこともあるので

一概に全部隠せますと言い切れないのが現状です。

 

リビングのコンセント

 

次は、リビング周りになります。

一番肝心なのが、テレビのコンセントです。

 

今、マイホームを計画されている方、これからマイホーム計画をお考えの方。

壁掛けテレビにしたいというご希望はありますか?

もし、壁掛けテレビをお考えの方は、コンセントも合わせてテレビ裏に持っていく必要があります。

それはなぜか…

壁掛けテレビを取付したとき、コンセントが下にあったら…

テレビから配線が下に出てきてしまいせっかくの新築が1か所で台無しに!なんてこともあります。

 

そして壁掛けテレビは下地ともいわれる、重いものを壁に取り付けても大丈夫なように補強する必要があります。

地震があった際、テレビが落ちるなんてことも可能性としてはあります。

ただ、壁掛けテレビってかっこいいですが、下にブルーレイを置いたり、ゲーム機を置いたりと、結局テレビボードを置いたりするので

お金かけて壁掛けテレビにしなくてもいいなぁとなる方もいらっしゃいます。

 

好みは人それぞれなので、お好きな方でもちろん大丈夫ですが、

後々置く家具を考えたうえでテレビをどちらにするか考えていければいいかなと思います。

 

テレビのサイズによって、または壁掛けテレビの金具の形状によってコンセントの位置はしっかり決めないと

残念な仕上がりになってしまうこともしばしば…

 

キッチン周りのコンセント

 

続いては、キッチン周りのコンセントです。

ここは割とイメージが付きやすいのではないでしょうか。

持ち込みの家電が何個あって、常に稼働している家電だったり、ウォーターサーバーご契約されている方もいらっしゃいます。

 

平均的には、4口のコンセントを付ける方がほとんどですが、

家電が多い方は6口付ける方もいらっしゃいます。

 

メインになる家それぞれですが、基本的に上げられるものとしては、

・電子レンジ

・電気ケトル

・炊飯器

・オーブントースター

・コーヒーメーカー

・ミキサー

が多いのではないでしょうか。

ただ全部を常に置いていく方は滅多にいません。

大体使うときに取り出して使う方がほとんどなので、この中の4つくらいを常に置いて使っていることが多いかなと思います。

あとは食器棚の幅を広くして、もっと家電を置けるようにするという解決策もあります。

それだと食器棚の金額自体が大きく上がってしまうのと、間取りによっては難しかったりするので、

これは設計担当やコーディネーターと打ち合わせをする必要があるかなと感じます。

 

あとは、お菓子作りをよくされる方とかだとハンドミキサーを使ったりすることもあると思うので、

キッチン側にコンセントを追加することもできます。

 

キッチンの作業スペースに横向きのコンセントを付けてハンドミキサーを使う方や、

iPadなどでレシピや動画を見ながらお料理をする際、iPadの充電を行うのにコンセントが欲しいという方もいらっしゃいます。

 

フルフラットのキッチンだとコンセントが付けられないのが悩みになりますが、

見た目を優先するか、実用性を優先するか悩みどころですね。

 

寝室のコンセント

 

最後に、寝室のコンセントについてです。

ベッドをいざ置いたらコンセントが近くになくて困ったという方も多いと思います。

間取りの段階でベッド位置なんてなかなか確定できないですよね。

でも、打ち合わせをしていくと、ここにこの家具がとか、ベッドのサイズがとか、少しづつ少しづつ決まってくるのです。

少しづつでも決まれば、コンセントやスイッチの位置は見えてきます。

最近は主寝室にテレビのコンセントを追加する方が多いので、

テレビボードなどの配置を含めてご相談しながら、一緒に悩みながら決めていきます!

 

Naruichiではお客様のご希望にあわせて素敵なマイホームを実現させます♪

マイホームを検討されている方は是非お気軽にご相談ください!