ガスコンロとIHヒーターのメリット・デメリット

 

 

 

 

家づくりでワクワクしつつも悩ましい、キッチンの設備選び。

毎日使う加熱機器(コンロ、ヒーター)は、ガスにしますか、IHにしますか?

 

もし迷ったときは、それぞれのメリット・デメリットも知ったうえで考えてみましょう。

 

 

ガスとIH、使い勝手で比べてみる

 

 

 

 

 

毎日使う場所ですから、何と言っても使い勝手が気になりますよね。

 

IHヒーターは、タッチパネルで火力を段階的に設定でき、お料理に合わせた加熱メニューやタイマーなど色々な機能があるので、

ある程度機械におまかせで料理することができるのが楽で便利です。

 

ガスコンロは、操作が点火と火力調整のみでいたってシンプルで簡単です。

そのため、年配の方など長年ガスコンロを使い慣れている場合には、ガスの方が使い勝手が良いと感じるかもしれません。

 

 

ガスとIH、お手入れで比べてみる

IHヒーターは、五徳がなくフラットな天板が特徴で、使った後にきれいに拭き取ればお掃除完了。五徳やパーツを外して洗う手間がありません。

ただし、鍋底と天板が直接触れてこすれるため、焦げ付いたり、汚れが摺りこまれないように注意が必要です。

 

ガスコンロは、五徳等のパーツがあるためお手入れの際は取り外して洗う必要があり、その分手間がかかります。

一方で、火力による上昇気流ができやすいので、油や煙がレンジフードにしっかり吸い込まれやすく、コンロ周りの汚れは広がりにくいと言われています。

 

 

ガスとIH、料理のおいしさ・こだわりで比べてみる

お料理が好きでこだわりのある方は、ガスコンロを選ばれることが多いです。

ガスは火力が強く、鍋底と鍋肌を両方あたためることができるので、炒め物などがシャキッと美味しく仕上がります。また、つまみを回すことで火力の微調整が自由にできます。

さらに、鉄鍋から土鍋までどんな鍋でも使えるので、調理器具にこだわりのある方にも向いています。

直接炎であぶったり焦げ目をつけたり、鍋を持ち上げて振ったりすることもできるので、料理の幅がぐっと広がります。

 

IHヒーターは、天板に触れている鍋底だけがあたたまる仕組みです。

そのため、鍋全体を加熱するのには向いていません。また、IHに対応した鍋しか使うことができないため、ガスコンロからIHに変える場合は、

今持っている調理器具が使えなくなることもあるので確認しておきましょう。

 

 

ガスとIH、安全性で比べてみる

IHヒーターの大きな特徴は、炎が出ないことです。そのため、何かに引火して起こる火災のリスクはほぼないと言えるでしょう。

ただし、料理後に天板が熱くなっている時、うっかり手を触れたり物を置いたりしないように注意が必要です。

 

ガスコンロは炎が火災のリスクになります。しかし最近のガスコンロは、高温になると自動で火力を弱めたり消火するセンサー機能がついています。

プロパンガスの場合も、地震の際にボンベの元栓が自動で締まる機構などもあって、安全面は大幅に改善されています。

また災害に備えるという意味では、停電の際にも使えるガスコンロがあることは安心感につながります。

 

 

ガスとIH、デザイン性で比べてみる

IHヒーターは、フラットですっきりしたデザインが特徴的。シンプルなキッチンがお好みの方には選ばれるデザインです。

 

一方で、無骨な感じや厨房みたいな感じが好きという方には、重厚感のあるデザインのガスコンロも発売されているので、お気に入りが見つかるかもしれません。

一点気を付けたいのは、プロパンガスの場合はお家の外にガスボンベの設置が必要になることです。

お家の裏側など、目立たない場所に設置できるよう、設計段階から注意が必要です。

 

 

ガスとIH、コストで比べてみる

本体代金は、一般的にガスコンロよりもIHヒーターの方が高価になっています。

ランニングコストについては、地域や電力会社によって電気料金・ガス料金が異なりますので、確認が必要です。

 

また注意したいのは、故障などのリスクです。ガスコンロは比較的シンプルな構造のため、故障しにくく長年にわたり使用できますが、

IHヒーターは電気製品であるため故障のリスクがやや高くなっています。

 

さらに詳しく工事費用について見てみると、IHヒーターは200Vの専用電気回線さえあれば設置することができます。

ガスコンロは、床下などにガス管の配管工事が必要となります。ガス会社によっては配管工事を無料で行ってくれることもあります。

 

 

ガスとIH、住宅全体のバランスで考えてみる

ガスコンロとIHヒーターでは、利用するエネルギーがガスと電気という点で大きく異なりますので、お家全体のエネルギー利用についても考えてみましょう。

 

電気料金が割安になるメリットがあるオール電化住宅にしたい場合は、エコキュートなどとセットでIHヒーターを採用することになります。

太陽光発電も活用して、電気代をお得にしたりエネルギーの時給を目指すこともできるでしょう。

 

ガスコンロを設置する場合は、同時にガス洗濯乾燥機(乾太くん)を導入するのもおすすめです。プロパンガスを1口契約するとコンロだけの利用でも月々の基本料金がかかってきますので、

せっかくならガスのメリットを最大限活用できる他の設備も検討してみましょう。

 

 

ガスとIH、私にぴったりなのはどっち?

ここまでガスコンロとIHヒーターの比較をあれこれしてきましたが、実際には使い勝手が自分に合っているや、好みで決められる方が多いです。

「IHはお手入れが楽そうで憧れる!」

「お料理にこだわるから、断然ガス!」

といった感じです。日々の食事作りという大切な家事を担う場所ですから、メリットデメリットというよりも、住む方の食への考え方が出る場所かもしれません。

それでも、何となく迷った時やメリットデメリットを事前に知っておきたい場合は、是非この記事を参考にしてみてくださいね!