土地の地盤調査はなぜ必要?調査の重要性や方法を解説

土地の購入において、重要なポイントのひとつが「地盤」です。

家族が安心して暮らすために、建物にこだわるだけでなく、

それを支える土地にも問題がないかを把握しておくことが大切です。

 

今回は「地盤調査」をテーマに、調査の重要性や種類、実施の流れや費用などを解説します。

 

 

なぜ土地の「地盤調査」が必要なのか?重要性や調査の概要を解説

普段の暮らしの中では地盤調査はなかなか馴染みのないものと言えるかもしれません。

「なぜ必要なの?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これから土地を購入したいとお考えの方に向け、なぜ必要なのか、まずは地盤調査の重要性と概要から解説します。

 

地盤調査はなぜ必要?

そもそも「地盤」とは何かというと、住まいなどの建物の基礎になる土地のことです。

購入したいと考えている土地も、一目見ただけでは、地盤がやわらかいのか、しっかりと固いのか、判断がつきにくいものです。

なぜ地盤調査をするかというと、見た目では地盤の質が分からないからということが必要性に通じています。

 

一般的に、土地の地盤は固い方が、災害時にも安心とされます。

地盤が強ければ、地質改良にかかる費用も抑えることが可能です。

 

一方、もし軟弱な地盤の土地であった場合には、地震による液状化や家の傾き、地盤沈下といったリスクが考えられます。

 

そこで、地盤の状態を知るために役立つのが「地盤調査」なのです。

地盤調査とは、住まいを建てる前に、建築しても大丈夫な土地であるかを確認する調査です。

調査をすると、地盤改良が必要かどうかも把握できます。

 

家族が長期にわたって安全に暮らすためには、頑丈な建物にこだわるだけでなく、

そのマイホームの基礎である地盤の状態も大切です。

 

そして、なぜ地盤調査をするのかの理由の一つには「構造計算」に必要だからという点もあります。

安心して住めるマイホームを建てるために、工事を行う前に、構造耐力を割り出すのが構造計算です。

構造耐力とは地震などに耐える力のことで、地盤調査の結果を踏まえることで適した構造やプランが見えてくるのです。

 

ちなみに、建て替えのケースでも地盤調査を実施します。

なぜかというと、建て替えであっても地盤の状態が良好とは限らず、位置が変われば強度も変わる可能性があるからです。

 

地盤調査はいつするの?

地盤調査を行う必要が出てくるのは、おもに土地を購入するときや家を建築するときです。

入手したい土地の契約後に、調査を行うこともできます。

 

また、購入前に地盤調査をしたいという場合には、売主の方が許可したときのみ、行える可能性があります。

なぜなら、土地の売買契約が締結されるまで、その土地は売主の所有であるためです。

 

また、調査項目を決めるのにも、建築する住まいのプランや位置などが決まっていることが必要になります。

契約前の地盤調査に法律的な制限はありませんが、こういった理由から実際にはハードルが高いでしょう。

 

なお、調査をする費用は買主の負担となります。

調査にかかる時間は、どの方法になるかによっても変わりますが、半日から数日をかけて調べることが可能です。

 

調査すると分かること

土地の地盤調査をして分かることは、多数あります。

例えば、自然に形づくられた土地であるのか、人工的な土地であるのかといった地盤構成をはじめ、

建物を支える強度や支持力についても把握することが可能です。

 

他にも、地震に対する強さの指標としても見ることのできる地下水位や土層、液状化の判定も分かります。

地盤の情報を知ることで、より失敗のない土地購入ができそうですね。

 

 

土地の「地盤調査」をするときの3つの方法

地盤調査の方法には、3つの種類があります。

ここでは、それぞれの特徴について解説します。

 

方法①スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は、もっとも広く行われている地盤調査の方法です。

木造の戸建て住宅を建築する土地の地盤調査で活用されています。

木造住宅の多い日本では、お馴染みの方法と言えるでしょう。

 

土地にスクリュー状の棒を差し込むことにより、地盤の状態を確かめます。

ある程度の深さに届くまで回転させながら差し込み、そのときの回転数やおもりの重量から、

地盤の強度を知ることができます。

 

スウェーデン式サウンディング試験は、「SWS試験」と呼ぶこともあります。

シンプルな土地の状態が分かる調査方法で、半日から1日ほどでスピーディーに調査できるところも良い点です。

 

方法②ボーリング調査

ボーリング調査は、機械を使用して土地に穴を掘り、ハンマーを落として強度を確認していく方法となります。

信頼性の高い調査方法とされており、支持力を知ることができます。

 

他にも地層の強度や、地下水位を調べることが可能です。

 

ボーリング調査が活用されるのは、おもにマンションなどの比較的大きな建物を建てる場合です。

一般的な住宅の地盤調査では、先にご紹介したスウェーデン式サウンディング試験を採用することが多いですが、

地下室を設ける場合などではボーリング調査を行うケースもあります。

 

また、精度の高いボーリング調査ですが、時間は1日から数日必要になるでしょう。

 

方法③表面波探査法

先の2つの方法と異なり、土地を掘らずにできる地盤調査が表面波探査法です。

 

表面探査法では、土地の上に振動を起こす装置を置き、その振動波が伝わる速さを調べることで、

地盤の強さを見るというものです。

 

土地を掘る手間や時間がなく、早く測定できることが利点です。

また、比較的正確に地盤の硬度を知ることができます。

 

 

土地の「地盤調査」を行うときの流れと気になる費用

一般的な地盤調査の流れ

地盤調査のおおまかな流れとしては、次のようなものになります。

 

まず調査を依頼された地盤調査会社が現地に行く前に、土地条件図や地形図などを用いて、

地盤についての状況をあらかじめ確認しておきます。

そのうえで、調査をする土地に向かい、適切な調査方法で調べます。

 

地盤調査によって出てきたデータに基づいて、土地の判定をします。

もし地盤改良がいるというケースであったら、住まいの荷重を考慮して、

多数の方法の中から適した地盤改良の方法を検討することになります。

 

費用対効果にも優れ、状況にあったものが選択されるでしょう。

 

方法によって変わる費用

地盤調査は、適切な方法を選んで行われますが、方法によって費用も異なります。

気になる費用の目安もチェックしておきましょう。

 

もっとも広く行われる「スウェーデン式サウンディング試験」の地盤調査費用は、

一般的なケースで5万円~10万円ほどが目安となります。

 

次に「ボーリング調査」の場合は、15万円~30万円ほどが相場と言えます。

目安となる金額に幅がありますが、地層や測定する箇所が多いか少ないかなどによっても差が生じます。

 

「表面波探査法」をする場合の費用の目安は、8万円~12万円ほどを見ておくと良いでしょう。

 

また、もしも地盤改良がいるとなったら、建築面積20坪ほどで50万円~100万円ほどの費用も必要です。

地盤改良の必要性は、ケースごとに地盤調査が済んでからでないと分かりません。

費用は広さや建物によっても変わるため、あらかじめ余裕を持って予定しておくのがおすすめです。

 

 

まとめ

土地の「地盤調査」について、なぜ必要なのか、また調査の概要や方法についてなどを解説しました。

長くにわたって家族が安全に、安心して暮らすためには、

建物を感情にするだけでなく、良好な地盤の土地であると確認しておくことも大切ですね。