★『注文住宅』と『建売住宅』の違いとは★

注文住宅

間取りや外観、仕様と全ておいて自由度が高く、自身が想い描く理想の家づくりが出来るのが注文住宅です。注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーの2つに分けられます。

★フルオーダー★

新築に関わる全ての仕様を自分自身で設定できる住宅です。例えば、使用する木材や断熱材などの資材をはじめ、窓や扉の仕様なども指定することが出来ます。自分なりの工夫やアイディアを間取りや設備に反映させましょう。
かなり自由度が高く、理想の家を建てることができますが、その分、建築知識が必要となります。また手間や時間そして資金が必要になってきます。
何よりも自分の理想とする家を建てたい!と強く望む方が選択する新築住宅の方法です。

★セミオーダー★

フルオーダーとの違いは、基本的な建築仕様はあらかじめ決められています。
ですが、間取りをはじめ、浴室・洗面台、トイレ、キッチン、建具、フロア材などの住宅設備や外壁の資材などの全てを自由に設定する事が出来ます。
詳しい建築知識がなくても建築業者と話を進めていく事ができるので、比較的フルオーダーより時間や手間はかかりません。

建売住宅

建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている新築分譲住宅のことです。住宅の完成後と住宅建築中に販売がスタートする2パターンがあります。

★完成物件のメリットとデメリット★

完成物件を見て購入することは、広さ、間取り、設備等の種類、カラーなどにおいて「イメージと違う」というリスクを抑えることが出来るのがメリットです。
完成後モデルルームとして公開されていることが多く、出来上がった外観や内観を確認でき、イメージと仕上がりのギャップもさほどありません。
完成後の家を購入するので設計の自由度、間取りや設備の選択は出来ないのがデメリットです。

★住宅建築中のメリットとデメリット★

今までは住宅完成後の販売が主流でしたが、現在は建築中や着工前の段階で販売を開始することが増えてきています。
着工前の住宅でならプラン変更等の要望に応えてもらえることがあり、この点は住宅購入者にとって大きなメリットになってきます。
デメリットとしては、完成後の購入と違って出来上がった外観や内観を直接確認できないため、自分なりに仕上がりをイメージしていかなければいけません。

なるいちでは、お客様の理想を叶える素敵なお家を提供いたします。 
お客様のご相談内容に応じて、アドバイスや注文住宅のご提案をいたしますので、お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

LINEで公式アカウントを登録して頂ければ、無料でご相談いただくことも可能です。
是非、バーコードリーダーの読み取りもしくは@940tuhyoを検索登録してみてくださいね。

前の記事

★はじめての土地探し★