★「リフォーム」と「リノベーション」の違い★

メディアで「リノベーション」という言葉を見かけることが多くなってきていませんか?
リフォーム・リノベーションどちらも、建物の状態を変化させる意味合いで使う言葉ですが、その意味は異なります。
ここでは、混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご説明していきます♪

リフォーム(reform)=現状回復

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。基本的に破損、汚れ、老朽化した部分などを直す、綺麗にする、新しくする事を指します。
よく耳にするのは、賃貸マンションで入居者の退去後に行うリフォーム。その言葉の通り、現状を元に戻す(入居前のきれいだった状態のお部屋へ元に戻す)と言うことです。

例えばトイレのリフォームの場合、設備機器の取り付けや床材や壁紙クロスの交換など、限定的な工事を行うのが一般的です。
こうした事例の場合は、費用の見積もりもある程度決まっており「トイレの設備機器の増設と壁紙・床材の交換」であれば、約20~60万円前後。
「システムバスの交換」であれば、約60~100万円程度が相場とされています。(※機器のグレードによって金額は上下します)

♢事例before/after

リフォームのメリット

工事費用を安く抑えることが可能
リフォームでできる工事は表面的なものや部分的なものがほとんどです。そのため、工事費用も抑えることができます。

工事期間が短い
工事できる範囲が限られているため、その分工事期間も短く済みます。内容によりますが、早くて半日~1か月程度で完了する場合がほとんどです。
工事期間が短いと、暮らし始めるまでに時間がかからないことの他にもメリットがあります。
例えば物件購入後にリフォームする場合、元の住まいの家賃と購入した物件のローン返済が同時に発生します。
リフォームであれば同時発生の期間を短く済ますことができます。また、仮住まいを必要とすることもありません。

リフォームのデメリット

自由な間取りに出来ない
リフォームでできる工事は表面的・部分的です。間取りを大きく変更するなどはリフォームでは対応ができません。

補修費用が予算オーバーに繋がることもある
住宅の強度・劣化などの状態確認はできないため、例えばシロアリ被害など後から必要と判断されるリフォームが発生した場合、追加の費用がかかります。
また柱などの構造補強を含めたリフォームは新築購入よりも高額になることもあります。

こんな方にオススメ

リフォームが向いているのは「部分的な修繕が目的で、工事期間を短くしたい」場合です。

  • リビング等の劣化してしまった壁紙を張り替えたい
  • ガスコンロやトイレ等を新しくしたい
  • 和室をフローリングに変えたい 等

リノベーション (renovation)=つくり変え

間取りから内装・配管など全てを考え直し、新たな機能や価値を向上させ住む人の暮らしやすさを追求。
新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。
中古住宅は、その建物が新築された当時の暮らしに最適化された間取りや内装仕様になっています。
既存の内装をどのように改修するかではなく、住む人のライフスタイルや環境に合わせて間取りや機能を刷新し、部屋づくりをするのがリノベーションです。
事例では、築35年程の和室を洋室へ変更。畳や天井、窓、ドアなど既存物をすべて取り払い奥行を出すことで広々としたモダンな一室へと仕上がっています。

♢事例before/after

リノベーションのメリット

自由設計ができる
リフォームでできることはもちろん、間取りや水回りなども変更できるので自分の理想とする物件により近づけることができます。

資産価値が高まる
リノベーションでは構造も含めた工事ができるため、「検査済証」がもらえます。つまり、物件の資産価値が高まることになります。

選択肢が豊富
工事費用を考えても新築を購入するより安いので、物件を決める際には住みやすい土地かも確認しておきましょう。

また現在住んでいる部屋を今までとは全く異なる仕様にすることで生活に快適さをもたらします。

リノベーションのデメリット

工事期間が長い
リノベーションは、行う範囲が広くなるほど工事費用がかさみ、工事期間も長くなります。

費用が予定より高くなる可能性がある
当初のプランからの変更や追加の補修工事により、見積もりより費用が膨らむ可能性があります。
念の為、予算は多めに用意しておいたほうがいいです。

こんな方にオススメ

主に「自由に設計した部屋を持ちたい」ケースや「資産価値を高めたい」ケースであれば、リノベーションの方が向いています。

「住宅の強度を増すために劣化などを修繕したい」「間取り変更したい」といった希望がある場合は、リノベーションの方が向いている可能性が高いでしょう。

  • 大きなリビングを2部屋に分けたい
  • キッチンに最新設備をそなえて資産価値を高めたい
  • 浴室の壁や床を介護しやすい環境に変えたい
  • 家の修繕、劣化のチェックも兼ねて工事したい 等

リフォーム&リノベーションならNaruichiへ

 

★デザイン力★
フルオーダーの注文住宅に取り組み、ライフスタイルを考慮したプランを提案してきたNaruichiでは現状回復するリフォームだけではなく提案力に大きな自信をもっています。
リノベーションに関しても構造体を活かしつつ、お客様の希望以上のデザインをご提案いたします。

                   

 

★施工能力★
“壊してみないとわからない”という状況にも冷静に対処でき様々なアイデアの引き出しを持っている職人が施工します。

 

 

★お客様と二人三脚★
中古住宅や土地のこと、予算のこと、ローンのこと。
最初から最後までお客様の希望を叶え、問題点を解決するためにフォローします。
家づくりを始められるお客様の心の状態や、不安に思われることなどを受け止め理解し不安要素を取り除きながらすすめていきます。
本格的なリフォーム&リノベーションを実現させる会社Naruichiではこの3つに自信をもって取り組んでいます!!