★床が変わるだけでこんなに印象が違う!~無垢フローリング~★

おしゃれなインテリアに欠かせない「無垢フローリング」

 

おしゃれなお部屋には欠かすことのできないフローリング。

一人暮らしの賃貸からファミリーの一軒家まで、お部屋の床はほぼフローリングが主流となってきました。

そんなフローリングにもいろんな種類があるのをご存知でしたか?

今回は、私たちの体にも優しい「無垢フローリング」について詳しくご紹介していきます。

 

そもそも「無垢フローリング」って何のことを指すかご存知でしたか?

 

無垢フローリングとは、無垢の木材で作られたフローリング(床材)をいいます。

無垢の(むく)の木材の定義としては、集成・積層などといった木を継ぎ足す加工を施していない木そのものを指すのかもしれませんが、

実際にはほとんど継ぎ足しのない、または大きなパーツを組み合わせた木材加工品も無垢と呼ばれています。

 

無垢フローリングとは、スライスや鋸挽きした板材(紙のように薄いものを含む)を重ね合わせた複層フローリングではなく、

断面を見て単一の木材から出来ているものは無垢フローリングと呼ばれています。

 

天然ものにほとんど加工を加えない製品であるため、自然素材となります。

 

無垢フローリングの良さ

 

■調湿性

 

無垢フローリングの特性の一つが「調湿性能」です。

梅雨から夏にかけての暑くて湿気の多い季節には、湿気を吸収して、空気をサラッとさせてくれます。

逆に、寒くて乾燥する冬は、湿気を放出し、お住まいの空気を快適に保つ助けになってくれます。

なお、湿気を吸い込むと、無垢のフローリングは少しだけ膨張します。そのため、施工する際は、ほんの少しだけ隙間を空けて張ります。

隙間がないと、膨張したときに反ってしまう可能性があるのです。

 

■肌ざわり

 

触った際の感触が本当に気持ちがいいのも、無垢フローリングの特徴です。

合板は無機質な手触りですが、無垢はほんのりと温かみを感じることができます。

 

これは、天然の木材が空気を含むから。このため、特に冬に感じる床の冷たさを軽減してくれます。

夏は夏で、サラッとした気持ちの良い感触を楽しむことができます。

 

■経年でより味わい深く

 

天然の木材である無垢は、経年するごとに、色が少しずつ変わっていきます。

これは木材が劣化するわけではなく、紫外線を受けて成分が変化するためです。この色合いの変化が、無垢の床を味わい深い雰囲気に変えてくれるのです。

 

柔らかい自然素材だけあって、傷はつきもの…?

 

自然素材の無垢材を使用するときは、その種類によって木の硬さもマチマチ。

日常生活を送っていると、家具を移動するときや、床に物を落としたときなど…木である以上、傷が付かないということはありませんよね。

 

一般的に、スギなどの針葉樹は非常に柔らかい素材といわれています。また、針葉樹と比べて広葉樹は一般的に硬い木材として知られています。

しかし、どれだけ硬いといっても天然の木材なので傷や凹みもつきます。

その傷も、程度によっては分かりにくくすることもできますが、その傷が気にならなくなる頃には、家にも馴染み、親しみすら感じられるようになるはずです。

無塗装はお手入れが大変!「オイル塗装」のススメ

 

まず、無垢材を無塗装のままにしておくと「水拭き」掃除ができません。

水をこぼせば、何一つカバーされていないのでダイレクトに染み込み、「染み痕」が残る可能性があります。

 

そんな時は、無塗装ならでは質感を残しながら「オイル仕上げ」(自然塗装・蜜蝋ワックス・エコワックス・オスモ塗り・ラッペンワックス塗りなどを含む)をすることをおすすめします。

これらの塗料は「安全性」「自然素材」を特徴にしていますので、そういう意味ではとても安心です。

また、これらのオイル塗装は木材に浸み込んでいきますので、木の表面に分厚い膜を作りません。ですのでウレタン塗装のような「白い傷」は日常生活ではつきません。

 

傷が付いた場合は、木の表面に直についています。無垢材は合板と違いすべて自然の木ですので、この傷ついた部分を軽くサンドペーパーでこすれば傷は目立たなくなります。

このようにオイル塗装の傷の補修は素人さんでもできるのがいいですね。

 

無垢フローリングの「種類」

 

■杉

日本を代表する木材といえば、この杉材。

足への当たりが優しく、温かみがあることから非常に快適性が高いんです。

逆に言えば柔らかい故、傷やへこみの付きやすさがありますが、無垢なら歳月と共に馴染み、むしろいい雰囲気になりますよ。

無垢フローリングの中ではリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

 

■パイン

 

針葉樹のパインは、温かみ、やわらかな足触り、節のある点などが杉と同じ。

欧風のインテリアによく似合い、リーズナブルなことからも、非常によく使われるメジャーな素材です。

 

■オーク

 

洋酒の樽や船の材料として使われてきたオークは、高い耐水性と耐久性が特徴。

木目がはっきりと美しく、洗練されたムードです。

硬さがあるので、傷の気になる方にもおすすめです。

 

■サクラ

 

ピンク色や淡黄色、優しげな淡い色合いが美しいサクラ。

比較的木目が薄く、主張しないのですっきりとした印象です。

硬くて狂いが少ないため、フローリングに適しています。

 

■ウォルナット

 

欧米では古くから用いられてきた、メジャーな床材のウォルナット。

ダークな光沢を帯びた質感は、それだけでモダンさを感じさせてくれます。

インテリアを一気にセンスアップしてくれる、日本でも非常に人気の高い樹種です。

弾性のある強靭な木質は、家具やフローリングだけでなくライフルなどの銃床などにも使われています。

 

■タモ

 

硬さと粘りのバランスのいいタモ材は、野球のバットにも使われる材質。

木の風合いが強く感じられる、はっきりとした木目が特徴的です。

ウッディーな存在感を強調したインテリアにオススメです。

 

■メープル

 

ソフトで繊細な木目と、インテリアをぱっと明るくしてくれる色合いが人気のメープル。

割れや摩耗に強く、傷が目立ちにくいのもポイントです。

 

■ヒノキ

 

日本古来の伝統木材、ヒノキ。

爽やかな芳香は、日本人ならたまりませんよね♪

ご存知のようにお風呂にも使われているほどの耐水性があり、強度や弾性も十分です。

ヒノキというと和のイメージが強いですが、白く美しい木肌は、意外にインテリアを選びません。

 

いかがでしたか?

ここで紹介した以外にも、さまざまな樹種が個性を競っています。

実際に触れてみると、写真とはまた違った魅力を発見するかもしれません。

ぜひ、あなたのお気に入りを探してみてくださいね!

 

前の記事

★漆喰について★

次の記事

★家が建つまでの流れ★